自由の女神とエリス島往復フェリーと移民博物館(Statue of Liberty Ferry and Ellis Island Immigration Museum)

Get up-close with a New York icon with a 3-in-1 experience at the Statue of Liberty, Ellis Island Immigration Museum, and round-trip ferry journey.

    通常
    $25.00
    /人
Statue of Liberty Ferry and Ellis Island Immigration Museum
Statue of Liberty and Ellis Island Ferry
  • Calendar Icon

    要事前予約

    このアトラクションは事前予約が必要です。

何をするか

自由の女神とエリス島往復フェリーと移民博物館、そして往復フェリーのチケットがすべて含まれた豪華なアトラクションです。ニューヨークのシンボルを間近でご覧ください。

The New York Pass®で自由の女神とエリス島往復フェリーと移民博物館を体験しましょう。

  • 自由の女神像の中から眺める、ニューヨークの素晴らしい景色をご堪能下さい。
  • エリス島までの無料往復フェリーをお楽しみください。
  • ニューヨークの移民の歴史を詳細に知ることができます。

*(ご注意)自由の女神像の台座から王冠部分までの入場チケットは含まれません―この入場チケットは、別途ご購入ください。

自由の女神に見ずに、ニューヨーク旅行を終えるわけにはいきません。自由の女神像を訪れ、エリス島を散策しましょう。エリス島は、米国にやってきた1200万人以上の移民が手続を行った場所です。

パスの特典

エリス島移民博物館の入場と音声ガイドが無料(アラビア語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、北京語、ロシア語、スペイン語がご利用可能)。

エリス島と自由の女神の歴史

アメリカの象徴であり、ニューヨークで最も有名な文化体験―自由の女神とエリス島は、数世紀にわたるアメリカの歴史を象徴しています。島の名前は、この島を所有していたサミュエル・エリスの名前にちなんでいます。エリス島は、アメリカにやって来た移民の受け入れ窓口として機能していました。アメリカ国民の3分の1以上の祖先は、エリス島から入国したと言われています。

エリス島で最初に移民手続きをしたのは、アイルランドのコーク州出身の15歳の少女、アニー・ムーアでした。彼女は、先にニューヨークに着いていた家族と再会するため、11歳と7歳の弟2人と一緒にエリス島にやって来ました。エリス島の移民第一号として、オーストラリアの移民局長とカトリック牧師から記念に金貨10ドルをプレゼントされたそうです。今も、エリス島移民博物館では、アニーと幼い弟2人の銅像を見ることができます。

1924年、エリス島の移民局は閉鎖されました。その後、多くの民間開発業者がこの島を利用したプロジェクトを提案しました。リハビリ施設からリゾートマリーナ、さらには建築家のフランク・ロイド・ライト設計による実験的な「未来都市」計画まで持ち上がりました。しかし、これらのプロジェクトはどれも実現されず、島は20年近く放置された後、1976年にツアー客のためにふたたびオープンしました。1980年代になって初めて、歴史博物館の計画が持ち上がりました。アメリカ自動車界を代表する偉人、リー・アイアコッカ(Lee Lacocca)が、この、エリス島改修のための大規模な資金調達プロジェクトを成功に導きました。

フランス人学者で政治家でもあったエドゥアール・ド・ラブライエが、「自由の女神」のコンセプトを提案し、彫刻家のフレデリック・オーギュスト・バルトルディに設計を依頼しました。この像は、アメリカ独立戦争における北軍の勝利100周年と奴隷制度廃止を称え、フランスからアメリカ合衆国へ贈られたものです。当時のフランスは、ナポレオン3世の支配下にありました。そのため、自由の女神にはフランス国民も民主主義のために立ち上がってほしいという、ラブライエの願いも込められていました。

131歳の自由の女神はリバティ島にあり、アメリカの象徴として多くの人に愛されています。ローマ神話における自由の女神リベルタスをモチーフにしたその姿は、長いローブをまとい、右手には松明を掲げ、左手には1776年7月4日の独立宣言の日付が刻印された銘板を持っています。王冠には7つのとげがありますが、これは7つの海と7つの大陸を表しています。つまり、世界に自由が広がるという意味が込められているのです。「自由の女神」の足の部分は見えませんが、左足を一歩踏み出しているのは、抑圧からの解放と奴隷制度からの脱却を意味しています。

1990年、エリス島の一般公開がようやく開始されました。今日、エリス島には毎年、世界中から300万人以上の観光客が訪れています。

見どころ

  • エリス島移民博物館とリバティ島を訪れて、自由の女神を間近から見ましょう。 
  • エリス島までの無料往復フェリーをお楽しみください。 
  • 博物館の館内には、体験型劇場と3つのインタラクティブ・ギャラリーがあります。 
  • エリス島博物館の屋上から素晴らしいパノラマビューを眺め、「インスピレーション・ギャラリー(Inspiration Gallery)」にも是非お立ち寄りください。  

ご存じでしたか?

  • 自由の女神の高さはどれくらいか知っていますか?台座の土台からトーチまでの高さは、305フィート6インチ(約93メートル)です。
  • 王冠から突き出ている7つのとげは、7つの大陸を表しています。
  • 1984年に修復工事が行われた際、初代の松明は取り外され、24金でコーティングされた銅製の新しい松明が付けられました。
  • 19世紀のエリス島は、有罪判決を受けた海賊や犯罪者、反抗的な船員などが絞首刑にされる場所でした。この島の木やさらし台では、絞首刑となった犯罪者の遺体が見せしめに吊るされていたため、ギベット島 (ギベット=さらし台)と呼ばれた時期もありました。
  • 1839年に最後の絞首刑が行われた後、島は海軍の武器庫として利用されるようになりました。1892年からは、移民局が開設され、1954年に閉鎖されるまで、多くの移民がここで審査を受けました。
  • エリス島は、第一次世界大戦および第二次世界大戦中は拘留所として使用されました。
  • 自由の女神像自体はフランスからの贈り物でしたが、銅像を支える重量225トンの台座部分の建設費はアメリカ人が支払いました。
  • 1876年から1882年にかけて、自由の女神を完成させる資金を集めるため、マジソン・パークに自由の女神の松明が飾られました。50セントの見学料を払うと、松明のバルコニーまで登ることができました。また、アイオワ州の幼稚園からは、募金運動に$ 1.35が送られました。1885年8月、台座を完成させるための資金は、最終的に10万ドル集ったことが発表されました。

お見逃しなく

体験型劇場(Immersive Theater)

10分間のマルチメディア体験をお楽しみください。観客は、この部屋を自由に歩き回ることができます。現在に至るまでの自由の女神の歴史や、自由の女神が体現する理想を紹介する映像が映し出されます。さらに、自由の女神の内館を舞い上がるバーチャル体験も楽しむことができます。

エンゲージメント・ギャラリー(Engagement Gallery )

自由の女神を作り上げた彫刻家のフレデリック・オーギュスト・バルトルディと職人チームの創造していくまでのプロセスが紹介されています。設計から製造、建設まで、自由の女神の完成までの道のりがマルチメディアで紹介されます。

インスピレーション・ギャラリー(Inspiration Gallery)

このスペースには、博物館で体験した内容のハイライトが展示されています。また、「自由の女神」とニューヨークを一望できるエリアも併設されています。「自由になる(Becoming Liberty)」と名付けられたセクションでは、自画像を登録すると、自由の女神とのコラージュも楽しめます。自由のシンボルである初代の松明は、ギャラリー内に展示されています。

ルーフトップ展望スペース(The Roof Deck)

博物館の屋上からは、自由の女神とニューヨーク港を一望することができます。

ご注意ください:博物館の屋上は悪天候の場合、閉鎖されることがあります。詳細については、博物館の公式サイトをご覧ください。

行く前に知っておこう

Calendar Icon

要事前予約

このアトラクションは事前予約が必要です。

入場のご案内:選んだ出発地の予約チケット入り口でパスを提示してください(パスをスキャンする際は、有効期限内であることをご確保ください)。ご搭乗前に、セキュリテイの保安検査をお受けください。

ご注意: ニューヨークパスに自由の女神像の台座と王冠へのアクセスは含まれておりません。ご希望の場合は、台座と王冠のチケットを別途予約いただくことになります。また、定員制限が設けられておりますので、お早めのご予約をお勧めします。

4歳未満のお子様は無料です。

訪れる際のヒント

  • リバティ島とエリス島の両島では、車椅子の台数に限りがあり、無料でご利用いただけますが、先着順となります。使用するには補償金として身分証明書が必要になります。
  • 盲導犬は歓迎致します。
  • リバティ島の建物と敷地はADAに準拠しています。
  • 両島への飲食物の持ち込みは許可されていますが、密封されている必要があります。自由の女神の台座や王冠の中に食べ物や飲み物を持ち込むことはできません。
  • 両島にはEvelyn Hill Inc.が提供する食事のオプションがあります。

詳細はStatue cruisesの公式ウエブサイトをご覧ください。

チケットに関して
ご不明な点があれば、ヘルプチームにお問い合わせください。

滞在先

営業時間

最新のフェリーの時刻表は、スタチュー・シティ・クルーズの公式ウエブサイトにてご確認ください。

休業日・祝日

感謝祭、クリスマス。

自由の女神とエリス島往復フェリーと移民博物館(Statue of Liberty Ferry and Ellis Island Immigration Museum)

(877) 523-9849

安心してご購入ください

無料キャンセル

プランは変更される可能性があります。有効化されていないパスはすべて、購入日から365日以内であれば払い戻しの対象となります。

詳細はこちらから

ご質問がありますか?

よくあるご質問をご覧いただくか、今すぐカスタマーサービスにお問い合わせください。

よくある質問を見る

The New York Pass®を選ぶ理由は?

Save More Icon

大幅な節約

当社のパスは、個別にチケットを購入するよりもグッとお得です!
Experience More Icon

バケットリストのような体験

世界的に有名な観光スポットや良く知られていない穴場を地元の専門家が厳選しています。
Always Easy Icon

一つのアプリで全ての情報を網羅

Go Cityアプリがあれば旅行が簡単に!

5%の割引をご利用ください!

もっと節約をしたいですか?大歓迎です。ニュースレターに登録して、限定割引やバケーションのインスピレーションなどを受け取りましょう。

  • Thick check Icon
Visitor Out Of Test